おから・豆腐を使ったお菓子の製造販売

SDGsへの取り組み

株式会社TEN-TWOは『SDGs(持続可能な開発目標)』を支援しています。

SDGs(エスディージーズ)とは

昨今、話題となっているSDGsをご存知でしょうか。

国連によって投資家は企業への投資をする際に、環境や社会への責任を果たしているかどうかを重視すべきだという提言がなされ、その指標として企業の積極的なSDGsへの取り組みが求められつつあります。

日本は2018年に国連本部で開かれたSDGsに関する政治フォーラムで、SDGsの取り組みを普及・拡大を促進しながら“オール・ジャパン”でSDGsに取り組むことを表明しました。 これにより日本国内でも、SDGsへの関心と取り組みを重要視する企業の輪が広がりをみせています。

SDGsイメージ

※SDGsとは(「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称)

国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するための目標として国連サミットで採択されました。「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、持続可能な社会実現のために、2030年までに達成すべき世界の目標として、”17のゴール”とそれらを細分化した”167のターゲット”で構成されています。

Re∞soy(リソイ)の誕生

TEN-TWOでは、アディットバリュー株式会社様のご協力の基、SDGsへの取り組みに着手致しました。

取り組みの最初の一歩として、”目標 12 ”に着目し、協業で進めさせて頂いております。

目標 12は「つくる責任つかう責任」。日本がSDGsの4段階の評価でもっとも低い達成度とされている目標のひとつです。

SDGs「目標 12」イメージ

2018年3月、農林水産省が発表した国内における食品ロスは約646万t、前年よりも増加傾向にあり、食品廃棄物全体では2,842万tに及んでいます。この食品ロスの削減目標に対し「法人向けギフトサービス okurimono-おくりもの-」を運営しております『アディッドバリュー株式会社』の協力を得て、『Re∞soy(リソイ)』ブランドをリリースしました。

そしてその「okurimono」の法人企業様間の贈答品の実績をもとに、法人様に喜ばれる贈答品として、Re∞soyブランドよりおからクッキーが誕生しました。

Re∞soy(リソイ)に込めた思い

Re∞soy(リソイ)ネーミングイメージ

Re∞soy(リソイ)というネーミングやロゴには、社会に貢献し続けたいと願うわたしたちの思いが込められています。

3つの意味を込めた『Re∞soy』。ロゴは、大豆+リサイクルマークをイメージしました。

Re∞soyを通じてたくさんの人々が笑顔になれるよう思いをこめたデザインです。

TEN-TWOが貢献できること

TEN-TWOは廃棄ロスとなってしまっているおからをメインの原材料として、豆乳おからクッキー・豆乳おからビスコッティの製造販売を行っております。

当店のおからクッキーをお召し上がりいただいたお客様に笑顔もお届けすることを目標に、美味しくて健康的なお菓子をお客様に提供し続けることで、世界の持続可能な目標であるSDGsに貢献していきます。

おからに新しい命を吹き込む力

Re∞soy(リソイ)

『Re∞soy(リソイ)』の詳細ご確認・ご購入は下記よりご確認ください。

「法人向けギフトサービス okurimono-おくりもの-」

「法人向けギフトサービス okurimono-おくりもの-」[Re∞soy リソイ]クッキーアソート 32枚入/おからクッキー

株式会社TEN-TWOへのSDGsのお取り組みに関するご確認やご相談は当ページの「お問い合わせ」よりご連絡を下さい。

PAGE TOP